プロフィール

 KY  ←そのまんまイニシャルです。「小島よしお」でも「空気読めない」でもありませんよ(笑)

Author: KY  ←そのまんまイニシャルです。「小島よしお」でも「空気読めない」でもありませんよ(笑)
ようこそ!

ぴょんぴょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

訪問者数

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬見原ハシャレタ町ナリ


200804271025000.jpg


“馬見原ハシャレタ町ナリ”

1902年、17歳の若山牧水が、当地、馬見原を
訪れた際に、日記に記した言葉です。
写真の歌碑は、来町100年を記念して2002年に建立されたものです。
以前は馬見原を一望できる明徳山の中腹にあったのですが、
一人でも多くの来訪者に見て頂こうと、このほど、商店街の中程に
移設されました。
なんと、そのすぐ目の前が拙宅です。
拝観後は、お気軽にお立ち寄り下さい。。。


牧水は酒をこよなく愛した歌人でもありました。
数多くの歌を残していますが、私の好きな歌は、
「かんがへて 飲みはじめたる 一合の 二合のさけの 夏のゆふぐれ」
です。
今夜もこの歌の意味を考えながら飲もうと思います。
“二合ですむかなぁ~!?”

スポンサーサイト

長生き

  「わたしのうへに降る雪に
   いとねんごろに感謝して、神様に
   長生きしたいと祈りました」

私の好きな夭折の詩人、中原中也の「生ひ立ちの歌」
の一節です。 特にこの部分は大好きです!


先日おみえになられたあるお客様との会話。
失礼とは思いましたが、あまりにシャンとしておられるので、
 「お客様、おいくつですか?」
 「わたしゃ もう90ばいた(ですよ)」
 「いや~、お元気でいらっしゃいますね!」
 「なんば言うかな(何をいってるの)
  熊本城は400歳ばいた(ですよ)」

・・・この前向きさが長生きの秘訣だな、と
感じました。。。
お見送りする時、いつもより深くお辞儀を
しました。 「はは~っ!!」
 

今日は何の日

20080506144617.jpg

手元の日めくりこよみによりますと、今日は「一粒万倍日」。
京都では「壬生狂言」が行われているそうです。
でも私にとっては忘れられない日、そうマイバースデイなのです。
とうとう、藤崎マーケットの“行け行けGO!GO!”のゾロ目になって
しまいました。
この歳になると、あの一休さん風に言うと、
  <うれしくもあり うれしくもなし>
といったところでしょうか。

それでも プレゼント は、ジャンジャン受け付けてますよ~!

ますます健康には気をつけて頑張りま~す!
あ、そうそう 節目検診 行かなきゃ・・・。

わたしは「つぼみ」

昔の人は言いました。
 <酒を飲む人 花ならつぼみ
  今日も咲け(酒)咲け(酒) 明日も咲け(酒)>

送別会、歓迎会、気の合う仲間との飲み会、
学生時代のOB会、売り出しの反省会後の懇親会、
などなど、いつもの如く、行く先々で酒ありの私です。
まさに 《五時から一生けん命、五時から男》 ですね!
(随分前に流行ったフレーズです。)

せっかく飲むなら楽しい酒を・・・と、いつも心がけています。
楽しくない酒宴なんて、
以前なら <ク○ープをいれないコーヒー>
今なら  <ミュージックのないシンクロナイズドスイミング>
のようなものでしょうか!
(相変わらずコピーで引っ張りますが・・・)

よ~し、今夜の飲み会の二次会では、
コブクロの “蕾” を歌うぞォ~!!

若年ナントカ??

 「剣道最高の目的は人格の完成と人間道の実践である。
  武技を練り、身体を鍛錬し、精神を練磨し、
  以って高邁なる人格を養う事を目的とする。」
小学生で剣道を習っていた時、練習のあとで
必ず唱和していた文句。

 「君が歌い僕が踊る時、新しい時代の夜が生まれます。
  太陽の代わりには音楽を、青空の代わりには夢を・・!
  フレッシュな夜を断然リードするオールナイトニッポン!!」
受験生の頃、深夜に聞いたラジオから
流れてきたパーソナリティーの文句。

昔覚えたセリフはスラスラ言えるのに、最近のもの覚えの悪さはどうだ!

 昨晩のおかずさえ思い出せないことがある。
 「ほら、あれ」 「あれ、あれ」 を多用する。
 「つるの」と「上地」の区別がつかない・・・(爆)
 もしやいま流行りの“若年ナントカ”じゃないかと、自分を疑う!
 (ナントカの名詞が出てこない?)


でもまだカミさんの名前を間違えないだけ、 「まぁ、いいっかっ!!」(笑)















桜花賞

昭和52年の「桜花賞」。
現役騎手、福永祐一君のお父さん福永洋一氏が
<インターグロリア号>に騎乗して勝利したレースです。
このレースから私の競馬人生が始まりました。
当時は単勝・複勝・枠連の買い方しかなく、
枠連1-6、6-7を各1000円、合計2000円購入。
結果1-6(倍率6,0倍)が的中し、6000円をゲット!
一番人気なのに、初めて買った馬券が当たり狂喜しました。
これが所謂 “ビギナーズラック”。。。

以来30有余年、“夢とロマン”を追い続けています。
と言えばカッコいいのですが、随分と投資し続けています。
まさに故 植木 等さんの歌、
 「馬で金儲けした奴はいない
  わかっちゃいるけどやめられない」
ですね。。。

今後の目標は『今までの負けを取り戻すこと・・』

ちなみに今日の「桜花賞」の結果・・・。
 一着 15 レジネッタ
 二着 18 エフティマイア
  馬連 15-18 (倍率なんと1966,3倍) で収支、当然マイナス・・。

またまた目標から遠ざかりました・・・。 あ~ぁ。


キャッチコピー

世にキャッチコピーはあふれているけれど、
心に残るそれは少ない。。。
私の“お気に入り”は、
確か『ダンヒル』だったと思うが、
<いい趣味を持つことを贅沢とは言わない>
『江崎グリコ』アーモンドキャラメルの
<一粒で二度おいしい>
『資生堂』アウスレーゼの
<人間に香りがあれば おしゃれは微香性>
『日産』セフィーロの
<くう ねる あそぶ> などなど。。。

最近では何と言っても『サントリー』オールドの
<人生、おいしくなってきた>
(『サントリー』のCMは昔から抜群ですね!)

こういった名コピーを考えつくライターは、どんな頭の持ち主
なのだろう! 尊敬すら禁じえない・・・。

ところであなたの好きなキャッチコピーは何ですか??

鯉のぼり

 ♪いらかの波と 雲の波
   重なる波の 中空を~~♪

この時期、当店では大名旗や名前旗の注文を
承っております。
しかし、少子化の影響でしょうか、年々減少している
気がします。 それに伴い、鯉のぼりや矢旗のやりとりも
少なくなっています。

ともあれ、子供たちには、五月の空をスイスイ泳ぐ鯉のぼりの
様に、スクスク育って欲しいものです。

雑感

如何にして商店街に一人でも多くの
お客様に来ていただくか・・・

  「永遠の命題」 ですね!

幸い私の街には、
知恵を出してくれる「先輩方」がおられる。
アイデア豊富な「女性の方々」がおられる。
実行部隊の機動力あふれる「若手後継者たち」がいる。
地域経済の発展を願う「商工会」そこには
商業振興に燃える「理事さん」や「職員の方々」がおられる。
バックアップしてくれる「行政」特に
街づくりに情熱を傾ける「担当課の職員」がおられる。

  頼もしいネットワークの存在に感謝の日々です!

さてさて私たち「中間管理職(?)」もがんばらなくっちゃ。。。。。

『SHOW店街組曲2』

来る4月10日~13日に東京・池袋にある東京芸術劇場中ホール
にて行われる 中山秀征×真琴つばさ が 阿久悠 の名曲でつづる
舞台のタイトルです。
阿久悠の名曲いえば、「ペッパー警部」 「勝手にしやがれ」 「ジョニー
への伝言」 「恋のダイヤル6700」 など。
いや、どれも懐かしい!

このタイトル、グッドネーミングなので、いつか使わせて頂きます。。。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。